未分類

華原朋美ともちゃんが恨んでいる女性の名前は誰?ある女性とはあの人?

歌手の華原朋美さんこと「ともちゃん」が久しぶりテレビに登場しますね!

ともちゃんは、占い人気番組「当然ですが占ってもいいですか?」に出演されます。

少し前に結婚を発表して順風満帆のともちゃんですが、番組では「恨んでいる女性」について本音を話すという内容で、かなり気になりますよね。

おそら番組内では、華原朋美さんが恨んでいる女性の名前はピーやモザイクがかけられて出てこないでしょうから、今回は勝手に、ともちゃんこと華原朋美さんが恨んでいる女性とは誰なのか、

「ある女性」とは誰なのかまとめました!

華原朋美ともちゃんが恨んでいる女性は誰で名前は?ある女性とは?

これまでも幾度なく、波乱万丈な人生を送ってきているともちゃん。

90年代後半はまさに華原朋美さん絶頂期で、私も小学生時代に朋ちゃんのことが大好きで、とってもかわいくて憧れていました笑

そんな朋ちゃんですが、突然ですが占ってもいいですかの番組内で、恨んでいる女性についてお話されます。

占い師のレオンさんが「華原さんはある女性に負けたくないと思い、恨んでいる」と話ています。

そして華原朋美さんは「確かにあの時つらくて・・・・悔しかったもんな・・・」

と言っています。

ここで気になるポイントは、「あの時つらくて、悔しかった」という言葉です。

朋ちゃんは、「あの時」という言葉を選んでいますので、これは大ヒントではないでしょうか。

華原朋美さん朋ちゃんが精神的に辛くなり、死にたくなってしまったあの時とは、元彼氏だった小室哲哉さんとの交際が上手くいかなくなったころと予想されます。

ズバリ!!!

Asamiさんではないでしょうか。

※あくまでも予想です。

KEIKOさんの名前も出ていましたが、KEIKOさんに対しては、恨むほどではないと思います。

朋ちゃんも、尊敬していると話していたことがありました。

そして現在は離婚しているので、KEIKOさんも小室さんの被害者になっています。

ここまで女性を不幸にしてしまう人も珍しい。

なぜ朋ちゃんが恨んでいる女性がAsamiさんなのでしょうか?

華原朋美・ともちゃんが小室哲哉と破局した理由

華原朋美さんと、小室哲哉さんは公の場でもラブラブ状態で、小室哲哉さんは当時「自分に恋人に曲を書いて何が悪い」みたいな発言もされていました。

歌番組でもラブラブな状態で、CDジャケットも小室さんと朋ちゃんのツーショットやラブラブな姿がありました。

しかし、だんだんと小室哲哉さんは華原朋美さんの存在が重たくなってきてしまったのです。

90年代はTK小室ファミリーが大人気でプロデューサーとしても、自身のグループglobeでの活動もあり大忙しの小室哲哉さん。

交際2年程で、2人の関係性は悪化しており、朋ちゃんは小室哲哉さんに捨てられてしまったそうです。

これについては、以前アウトデラックスに出演した際に暴露されていました。

 

確かにテレビで小室哲哉さんとの交際について、いろいろ暴露するようになりましたが、本当に嫌いにはなれないのでしょうね。

元カレの話を聞いてほしい・・・・そんな雰囲気もありました。

一世風靡したお二人ですが、小室哲哉さんは華原朋美さんが重く感じるようになると距離を置くようになり、新たな女性と交際を始めていたのです。

それがAsamiさんこと、吉田麻美さんです。

吉田麻美さんは、オーディション番組「ASAYAN」に出場し、dosのメンバーに抜擢されました。

懐かしいですね!

dosにはカバちゃんもいましたよね。

その後、1998年に小室哲哉さんと音楽ユニットTRUE KiSS DESTiNATiONを結成し、2人の距離は縮まり、交際に発展したと言われています。

そして華原朋美さんは、1998年12月頃には小室哲哉さんと破局したと言われています。破局ではなく、朋ちゃんからすると一方的に捨てられたという感覚だったようです。

やはり別れた原因となったのが、新たな女性、Asamiさん。

当時まだ20代前半の若い朋ちゃんからすると、本当に絶望的で、彼氏を奪われたと恨んでしまってもおかしくないですよね。

そのAsamiさんも、小室哲哉さんの被害者となり苦しい思いをされているので、今更このネタを出されても迷惑ですよね。

華原朋美・朋ちゃんの旦那は誰?

デビューしてから、小室哲哉さんと出会い別れ、それからいろいろありましたが、現在のともちゃんはやっと幸せを掴むことができました。

2021年8月17日にイベント会社を経営している男性と入籍したことを発表。

旦那さんとなった男性の顔は公開されていませんが、経営者であり朋ちゃんのマネージャーもされているとのこと。

また息子さんも誕生しており、過去のことはもう振り返らず、新しい朋ちゃんを応援していきましょう!